7都府県を原則在宅勤務に クラレが宣言受け対策強化

2020年04月10日

ゴムタイムス社

 クラレは4月8日、新型コロナウイルスの感染拡大に際し、政府の緊急事態宣言発令を踏まえ、これまでの対策レベルを引き上げた上で当面の間継続すると発表した。

 同社グループでは、グループリスク管理方針において「安全と健康を事業の継続よりも優先する」ことを定めている。その方針のもと、日本政府の発表、並びに自社の危機管理基準に則り、地域ごとに警戒レベルの発信、および出張可否に関する決定などを行っている。

 同社は、グループ従業員への対応として、当面の間、海外出張の禁止、日本国内の出張の制限(社内出張の原則禁止、取引先様への出張の自粛)、イベント・催事の主催自粛および参加自粛の継続、時差通勤、在宅勤務の利用拡大の策を講じる。また、緊急事態宣言対象地域においては原則として在宅勤務とする。

 同社は、今後もグループ従業員の安全と健康を最優先としつつ、引き続きお客様への供給責任を果たすべく、最大限に努力することにしている。