本社などを原則在宅勤務に 住友化学がコロナ対策で

2020年04月10日

ゴムタイムス社

 住友化学は4月8日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、当面の間、東京・大阪本社勤務者を対象に、自宅での勤務が可能な社員は原則として在宅勤務とすると発表した。なお、東京・大阪本社以外については、感染リスクの地域性、通勤事情、業務への影響等を総合的に勘案し、各事業場の判断で対応を実施する。

 出張については、海外出張は事態鎮静化が確認されるまで禁止する。国内出張は、原則延期する。日本国外のグループ会社については、同社の基準に準じるとともに、所在国政府が発出する勧告等に基づき対応する。

 会議は、同社グループが開催するグローバル会議は中止するとともに、日本国内での会議は開催延期を検討する。実施の場合は、スカイプ等を活用する。

 健康・衛生管理については、外務省の感染症危険情報に基づき、レベル2以上の該当国・地域から帰国した社員について、渡航・帰国理由の公私を問わず、14日間の自宅待機とする。また、各事業場の判断により通勤および就業時のマスク着用を義務付ける。