新入社員に「共に成長を」 三井化学・橋本社長が祝辞

2020年04月07日

ゴムタイムス社

 三井化学は4月1日、今年度の新入社員に対し橋本修社長が祝辞を述べた。新型コロナウイルス感染拡大対応のため、同社は入社式を中止し、橋本社長のメッセージをウェブを通じて動画配信した。

 橋本社長はまず、同社が果たすべき役割について、「サステナビリティを真剣に考えなければ使命を果たせないし生き残ることもできないとの危機感の下、2008年度からの中期経営計画以降、経済軸に環境軸と社会軸を加えた3軸による経営を掲げてきた」と述べた。そして、「新型コロナウイルスのような突然現れる大きなリスクに対しても、化学の果たす役割がこれまでになく高まっている。我々には、その期待に応えることができる大きな可能性があると信じている」と語った。

 続いて、伝えたいこととして、安全最優先、会社は機能組織、挑戦・学習・内省を繰り返して成長を、の3つを挙げた。

 このうち、機能組織については、「会社は機能組織であり、仲良しクラブではない。会社は、決まったルールの中で多様な能力を有する人材の総合力によって目的を追求する場だ。一人ひとりと会社との相互努力により共に成長する場だ」と話した。

 また、挑戦・学習・内省については、「学びは社会に出てからも続く。学業と異なり、仕事での答えは一つではない。だから誰でも失敗する。しかし、失敗してもいいのだ。挑戦し、失敗から学び、内省し、そして粘り強く、何度でも挑んでほしい。その先に必ず、成長した自分と組織が見えるはずだ」と述べた。

 最後に橋本社長は、「新入社員だからだといって、臆することはない。自分の意見は堂々と主張してほしい。優れた洞察力と構想力、強い実行力を持てるよう、共に日々の挑戦と発見を積み重ねていこう」と締めくくった。

 

関連キーワード: ··