取材メモ 使い捨て手袋を使う消費者心理

2020年04月13日

ゴムタイムス社

 新型コロナウイルスの感染予防対策として、使い捨て手袋を使用する消費者が増えている。筆者は都内の事務所に電車で通勤しているが、最近は車内ではマスクだけでなく、ビニール製やニトリルゴム製の使い捨て手袋を装着し、通勤する人を見かけるようになった。

 その背景には、新型コロナウイルス感染者の急増を受け、電車吊革やエスカレーターの手すり、建物のドアなど直接触れたくない(コロナから身を守りたい)

全文:約505文字