新型コロナで米工場停止へ TOYO TIRE 18日まで

2020年03月31日

ゴムタイムス社

 TOYO TIREは3月30日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国唯一のタイヤ製造拠点であるジョージア州ホワイトのタイヤ製造工場の操業を一時停止することを決めた。
 生産の段階的停止は既に始まっており、数日以内に停止が完了する。3月31日時点で操業開始は4月19日を予定している。
 タイヤの製造は、米政府による企業活動の制限対象とはなっていないが、同社は需要減少と在庫量に鑑み、今回の措置を決めた。なお、十分な在庫があるため、商品供給などの各種サービスの提供には影響は出ない見通し。
 このほか、新型コロナウイルスの感染拡大を受け同社では、3月31日時点で、マレーシアのタイヤ2工場と米国の自動車用防振ゴム工場の操業を停止している。また、海外向け出荷が多い仙台工場についても、需要減少と在庫量に鑑み、4月3~9日の間、操業を一時停止することを決めている。