ゴムシート特集 日東化工 シート・マットで開発品を加速 マットは施設関連の需要を注視

2020年04月13日

ゴムタイムス社

 ゴム・樹脂のコンパウンドを始め、ゴムシートやゴムマット、ゴム成形品などを展開する日東化工(神奈川県高座郡寒川町、坂下尚彦社長)。

 ゴムシート・ゴムマットの現況(19年度第3四半期)は、ゴムシートの売上は前年同期比微減で推移する一方、ゴムマットの売上は前年同期を上回る水準にある。

 ゴムシートは、シート市場全体の減少傾向と歩調を合わせるように、汎用品は前年を下回っている。また、昨秋の台風に加え、新型コロナウイルスの特殊要因が響き、主に自動車関係に使われる特殊品も厳しい状況にある。その中で、シート製品では、耐摩耗性のSBRシートが堅調だ。「工場の設備関係で使われるケースが多く、19年第3四半期までは安定的に推移した」(同社)。

 長尺透水性ゴムマット「クッションマット」や歩行用・養生用ゴムマット「ブラックターフ」など自社製品を展開するゴムマットは、介護関

全文:約1184文字

ゴムシート特集 日東化工 シート・マットで開発品を加速 マットは施設関連の需要を注視

キーワード: ·