ゴムシート特集 タイガースポリマー 効率的生産への取り組み加速 提案力のさらなる強化を図る

2020年04月13日

ゴムタイムス社

 タイガースポリマー(大阪府豊中市、渡辺健太郎社長)のゴムシート部門は、合成ゴムや天然ゴムシートを始め、ゴムマット(玄関用マット・融雪マット)など幅広い製品群を市場に提供している。

 ゴムシート部門の19年度(19年4~20年1月)の需要動向は、前年同期を若干下回って推移している。品種別では、合成ゴムや天然ゴムの汎用シートは若干のマイナス。自動車産業や工作機械など一般産業機械向けなども前年に比べると販売は伸び悩んでいる印象だ。

豊富なシート製品群

豊富なシート製品群

 また、フッ素ゴムやシリコーンゴムの特殊シートも前年を下回る状況にある。半導体関連市場の活況を背景に、特殊シートはここ数年、堅調な販売を見せてきた。ただ、半導体関連市場が急激に冷え込んだ影響で、19年度の特殊シートは厳しい環境にあるという。

 一方、同社が取り扱うゴムマットは、融雪マットは暖冬の影響で19年度の販売はやや下回るものの、玄関マットは前年並みを維持している。

 ゴムシート部門の戦略としては、シートは素材としての役割を持つため、「シート製品を扱う加工業者や代理店とより緊密な関係を構築することで、当社のシート製品を指定していただけるようにしたい」(同社)と捉えている。

 さらに、ゴムシートに特殊な用

全文:約1049文字

ゴムシート特集 タイガースポリマー 効率的生産への取り組み加速 提案力のさらなる強化を図る

キーワード: ·