横浜ゴムが2年連続で参加 防災・減災プロジェクト

2020年02月26日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは2月25日、日本赤十字社が3月1~31日に実施する「防災・減災プロジェクト~私たちは、忘れない。~」の趣旨に賛同し、同プロジェクトに取り組むと発表した。同プロジェクトへの参加は昨年に続き2度目となる。

 防災・減災プロジェクトは、今もなお被災地で苦しんでいる人たちに思いを寄せるとともに、災害で得た教訓や経験を生かし、将来起こりうる災害に対応する力を社会全体で育んでいく活動。毎年、東日本大震災が起きた3月を中心に全国の企業・団体、ボランティアと一丸となって取り組んでいる。

 同社は、2018年に災害に対する防火・防災体制の基盤強化とBCP(事業継続計画)の構築を目的とした防災推進プロジェクトをCSR本部内に発足し、防災・減災活動を強化している。今回、各事業所への同プロジェクトのポスター掲出や朝礼での注意喚起を通じて日頃の備えへの意識向上を図るとともに、災害の苦しみや悲しみに向き合い乗り越えている人たちに寄り添う気持ちを表すために参加を決定した。

 社外に向けた活動では、グローバルな植樹活動「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトで培ったノウハウを防災などに活かす活動を推進している。東日本大震災の被災地である岩手県上閉伊郡大槌町では町が復興計画として掲げた「鎮魂の森」づくりに賛同し、2012年より津波対策として「森の防潮堤」づくりを支援している。また、宮城県岩沼市、静岡県掛川市など各地で行われている防災林づくりにも協力している。

防災・減災プロジェクトのポスター