取材メモ ゴム産業の新3Kとは

2020年02月25日

ゴムタイムス社

 きつい、汚い、危険の頭文字をとった「3K」業種といわれるゴム産業。 

 2月7日に大阪で開催されたゴム連合の第60回ゴム産業労使懇談会で石塚宏幸中央執行委員長は、賃金や一時金、ワークライフバランスの実現など、20年の春とり方針を表明する中で、ゴム産業の労働環境の現状について言及した。

 石塚委員長によれば、ゴム産業の労働環境は従来の3Kに加え、最近は新3K(帰れない、厳しい、賃金が安い)

全文:約473文字