売上・当期益が過去最高に 横浜ゴムの1~12月期

2020年02月14日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムの19年12月期連結決算は、売上収益が6504億6200万円で前期比横ばい、事業利益が501億2900万円で同15・4%減、営業利益が585億6400万円で同9・5%増、当期利益が419億7100万円で同17・8%増となり、連結売上収益と当期利益が過去最高となった。

 セグメント別では、タイヤ事業の売上収益は4516億9800万円で同0・7%減、事業利益は307億5700万円、同27・3%減となった。新車用タイヤは、北米では好調だったが、国内では納入車種の切り替えなどにより販売が低調だったことに加え、北米以外の海外も販売が振るわず、新車用タイヤ全体での売上収益は前期を下回った。市販用タイヤは、国内では夏用タイヤの販売は順調に推移したものの、年初、年末の暖冬の影響により冬用タイヤの需要が伸びず、販売本数は前期並みを確保したが、売上収益は前期を下回った。一方、海外では販売が順調に推移したことにより、市販用タイヤ全体での売上収益は前期を上回った。

 MB事業の売上収益は1193億3700万円で同1・3%増、事業利益は83億2200万円、同12・4%増となった。ホース配管事業は海外で自動車向けの販売は好調だったが、建機需要が中国において低調だったほか、国内でも台風の影響などで減少し、売上収益は前期をわずかに下回った。工業資材事業は国内外でコンベヤベルトの販売は順調で売上収益は前期を上回った。ハマタイト事業は大都市圏の再開発需要が伸びたことにより国内の建築用シーリング材の販売が好調だったが、自動車関連が振るわず、売上収益は前期並みとなった。航空部品事業は民需・官需向けとも好調で、売上収益は前期を上回った。

 ATGの売上収益は707億8700万円で同3・1%増、事業利益は104億400万円、同23%増となった。農業機械用・産業車両用タイヤを始めとするオフハイウェイタイヤは、特に市販用タイヤの販売が好調で、売上収益、事業利益とも前期を上回った。

 20年12月期の業績予想は、売上収益が6600億円で前期比1・5%増、事業利益が550億円で同9・7%増、営業利益が545億円で同6・9%減、当期利益が380億円で同9・5%減を見込んでいる。

関連キーワード: ··