売上収益1兆円以上目指す 住友ゴムが新中計を発表

2020年02月17日

ゴムタイムス社

  住友ゴム工業は2月13日、都内で決算説明会を開催した同日に、12年に策定した長期ビジョン「VISION 2020」に続く新中期計画も発表し、 山本悟社長が解説した。
 新中計の財務数値目標として、2025年までに売上収益1兆円以上、事業利益1000億円以上を目指すとした。

 山本社長は新中計について「VISION2020で進めてきたグローバル展開では売上高を向上させる一方、事業拡大に伴う先行投資などの負担増で収益面に課題を残すことになった」と振りかえり、「新中計では、まず経営基盤のさらなる強化するべく様々なアクションを実行し、確実に1兆円の売上収益を突破し、収益力を向上していく」と意気込みを述べた。

 新中計の骨子では、VISION2020で取り組んだ3つの成長のキーワード

全文:約929文字