減収もコスト削減で増益 藤倉コンポジット4~12月期

2020年02月13日

ゴムタイムス社

 藤倉コンポジットの20年3月期第3四半期連結決算は、売上高が238億7900万円で前年同期比4・2%減、営業利益は9億500万円で同2・6%増、経常利益は9億1500万円で同0・1%減、四半期純利益は4億8300万円で同21・1%減。純利益は、中国子会社での不適切な会計処理の調査費用等として2億3100万円を特別損失に計上したことで減益となった。
 セグメントのうち、産業用資材は、売上高が153億3300万円で同4・6%減、営業利益は5億600万円で同0・8%増。工業用品部門は、世界的な自動車販売台数の減少により自動車関連部品が減収となったが、コストダウンに努め前期並みの利益を確保した。制御機器部門は、半導体ならびに産業機械関連メーカーの減速の影響を受け、減収減益となった。電気材料部門は、インフラ工事用部材が堅調さを維持し、非常用マグネシウム空気電池の受注も順調で、増収増益となった。
 引布加工品は、売上高が37億1400万円で同3・5%減、営業利益は1億1600万円で同44・3%減。引布部門は、半導体・電子部品市場の在庫調整が一段落し受注が回復したが、米中貿易摩擦によるアジア諸国の景気低迷により需要が落ち込み減収減益となった。
 スポーツ用品は、売上高が45億3400万円で同3・7%減、営業利益は6億1200万円で同18・7%増となった。
 通期予想の変更はなく、売上高は326億円で前期比2・5%減、営業利益は10億円で同8・9%増、経常利益は9億円で同7・3%増、当期純利益は5億円で同13・9%減を見込む。

関連キーワード: ·