カー黒事業は増収減益 東海カーボンの19年12月期

2020年02月13日

ゴムタイムス社

 東海カーボンの19年12月期連結決算は、売上高が2620億2800万円で前年同期比13・3%増、営業利益は543億4400万円でで同25・6%減、経常利益は529億8600万円で同27・4%減、当期純利益は319億9400万円で同56・4%減となった。

 セグメント別に見ると、カーボンブラック事業の売上高は1017億5100万円で同32・3%増、営業利益は85億1200万円で同18・4%減となった。対面業界のタイヤメーカー向けは、アジア地域では米中貿易摩擦の影響を受け販売数量が減少した。
 一方、米国の新拠点Tokai Carbon CB Ltd・が18年9月より連結寄与し、前期比で販売数量が上昇した。

 黒鉛電極事業の売上高は913億1700万円で同10・5%減、営業利益は393億8800万円で同29・7%減となった。 
 主要原材料の世界的なひっ迫等により販売価格は上昇した。一方、黒鉛電極のひっ迫を背景に前年に積み増しされた顧客の黒鉛電極在庫や米中貿易摩擦の影響等で黒鉛電極の引き取り量は低下した。

 ファインカーボン事業の売上高は303億6900万円で同19・5%増、営業利益は61億700万円で同64・4%増。半導体、太陽光発電、一般産業用向けはいずれも堅調に推移した。

 また、韓国のTokai Carbon Korea Co・ Ltd・が18年6月より連結子会社となり、売上高、営業利益の増加に寄与した。
 精錬ライニング事業の売上高は146億6200万円、営業損益は16億円の損失となった。

 なお、同社は19年7月にドイツの炭素黒鉛製品メーカーTokai COBEX HoldCo GmbH(旧商号COBEX HoldCo GmbH)及びそのグループ会社を連結子会社化したことから、報告セグメントを追加した。

 同連結会計年度においては、同事業の8月から12月までの5カ月間の経営成績と企業結合に係る一過性の費用等約36億円が含まれている。

 20年12月期通期の連結業績予想に関しては、売上高が2512億円で前期比4・1%減、営業利益が282億円で前期比48・1%減、経常利益が278億円で前期比47・5%減、親会社株主に帰属する純利益が166億円で同48・1%減を見込んでいる。

関連キーワード: ·