日本ミシュランがサポート アイスクロス横浜大会を

2020年02月04日

ゴムタイムス社

 日本ミシュランタイヤは2月3日、同社の「BFグッドリッチ」が、2月15日に横浜市の臨港パーク特設会場で開催される「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ横浜2020」をサポートすると発表した。

 アイスホッケー、ダウンヒルスキー、スノーボードクロスなどの要素を取り入れたエクストリーム・スポーツ競技「アイスクロス」は、2001年にレッドブル・クラッシュドアイスとしてスタートした。この競技は、2010年より世界選手権が開催されている。20年目の節目となる今シーズンは、ATSX主催の世界選手権としてその名称を「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ」に変えてスタートした。

 世界選手権は規模と獲得ポイントでATSX100、ATSX250、ATSX500、ATSX1000の4クラスに分かれ、今シーズン初となるATSX1000の大会を2月15日に横浜で開催する。

 BFグッドリッチは今年でブランド生誕150年を迎え、これまで世界中の過酷な環境や使用条件に対応した製品を生み出してきた。今回、毎戦チャレンジングなアイスコースで熱い戦いが繰り広げられる同イベントをサポートすることで、これからもさらなる製品開発やサービス向上に果敢に挑戦していく姿を証明していく。

 

2018年の横浜大会の様子

マッドテレーンT/A

マッドテレーンT/A KM3のロゴ