ISO特集 品質・環境への意識が向上

2020年02月10日

ゴムタイムス社

 品質や環境に対する企業の取り組みの判断指標となるISOマネジメントシステム規格。本紙は昨年末から今年初めにかけてゴム・樹脂関連企業を対象にISOに関するアンケート調査を実施し、各社の取り組みを追った。
 ISO(国際標準化機機構)では、製品規格のほか、品質や環境などのマネジメントシステムについて規格を制定しており、多くの企業が認証を取得している。
 日本適合性認定協会(JAB)によると、品質管理のISO9001に適合する国内組織は1月30日現在2万6947件で、このうちゴム・プラスチック製造業は2590件。また、環境管理のISO14001に適合する国内組織は1万4711件で、ゴム・プラスチック製造業は1511件に上る。JAB認定機関以外で認証を取得する企業もあり、実際はより多くの企業が認証を取得していると見られる。
 ◆藤倉コンポジット
 複合化技術で豊かな暮らしを支える藤倉コンポジットは、ISO9001とISO14001を取得している。
 ISO9001は、

全文:約3796文字