いすゞ新型ギガに新車装着 ブリヂストンのグレイテック

2020年02月03日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは1月31日、いすゞ自動車が昨年12月より発売した新型「ギガ」に、新車装着用オプションタイヤとして「グレイテック」の納入を開始すると発表した。

 このタイヤは北米を中心に販売しているタイヤブランドで、大型トラックの後輪タイヤは通常2本セットで装着されているが、同タイヤは単輪で走行できるようタイヤ幅を広くするとともに、車重を支えられるようタイヤ構造を強化した超偏平シングルタイヤとなっている。同タイヤを使用することによって、通常2本で使用する場合と比べてタイヤとホイールのトータル重量が抑えられるため、車両軽量化につながり積載重量を増すことが可能となるだけでなく、廃タイヤ量を削減できる。

 ギガは、「低燃費の追求」「トータルセーフティの追求」「すぐれた積載性・連結性の確保」などを大きな性能の柱としている。同社は、新型「ギガ」に納入する同タイヤを通じて、環境資源の最適化を図ると共に、運送事業者の安全運行と輸送効率化の両立に貢献する。

グレイテック

 

 

関連キーワード: ·