世界経済減速で減収減益に 日本ゼオンの4~12月期

2020年01月30日

ゴムタイムス社

 日本ゼオンは1月30日、東京・丸の内の本社で決算説明会を開催し、松浦一慶取締役執行役員が20年3月期第3四半期連結決算の説明を行った。
 売上高は2425億5300万円で前年同期比4・7%減、営業利益は215億4000万円で同20・3%減、経常利益は235億1800万円で同19・7%減、四半期純利益は166億6800万円で同32・5%増。松浦取締役は「米中貿易摩擦に端を発する世界経済減速を受け、前年同期ならびに対前期と比較して売上高、営業利益とも減少した」と総括した。純利益は前年同期に固定資産の減損を計上した関係でプラスとなった。
 エラストマー素材セグメントは、売上高が1354億6900万円で同9・2%減、営業利益は85億4400万円で同40・7%減。合成ゴム事業は、自動車産業や一般工業用等への出荷低調により減収減益。化成品事業は、水島工場の定期検査の影響で減収減益となった。
 同セグメントの事業別の売上は、金額ベースで、合成ゴムが同97億円減、ラテックスが同15億円減、化成品が同31億円減などとなり、全体で同138億円減となった。
 また、合成ゴム事業を出荷量ベースで見ると、汎用ゴムは、需要が弱含みで推移するも海外向けが伸び同6%増。S―SBRを扱うZSエラストマーは、販売量が同2%伸長した。特殊ゴムは、世界的な需要減少と市況低迷で同10%減となった。
 同セグメントの営業利益の増減要因は、価格差が63億円、数量差が31億円、為替差が14億円のマイナス要因に、原価差が43億円、販管費差が6億円のプラス要因になり、全体で59億円減益だった。
 通期予想は、足元の実績に加え、第4四半期も景気回復が期待できず新型肺炎の影響等で先行きが不透明なことから、全項目を下方修正し、売上高は3200億円で前期比5・2%減、営業利益は250億円で同24・6%減、経常利益は270億円で同25・7%減、当期純利益は180億円で同2・5%減を見込む。
 新型肺炎の影響について、松浦取締役は「第4四半期は旧正月という季節要因でアジア向けの出荷量は落ちる傾向にある。それに輪をかけて今回のコロナウイルス問題がどこまで影響するのか、先が読めない」と述べた上で、春節の休業を延長するよう現地当局が求めていることに触れ、「主要顧客である自動車産業がどう動くか、生産を再開できるのかという点にも大きく左右される」(同)という考えを示した。

全文:約1033文字

関連キーワード: ··