スクーター用二輪を発売 日本ミシュランが今春から

2020年01月27日

ゴムタイムス社

 日本ミシュランタイヤは1月24日、優れた耐スリップ性能と耐偏摩耗性を両立させたスクーター用二輪タイヤ「ミシュラン・シティーグリップ2」を今春より順次発売すると発表した。サイズは全31サイズで価格はオープン。

 このタイヤは、新開発のシリカコンパウンドやユニークなシャーク・トゥース(サメの歯)サイプデザインの採用により、2010年に発売した「ミシュラン・シティーグリップ」をさらに進化させ、ドライ路面での高いグリップ性能を確保しながらウェット路面や滑りやすい路面(マンホールや白線等)での耐スリップ性能を向上させたほか、耐久性や耐偏摩耗性の向上による優れたロングライフ性能を実現した。これにより、さらなる安心感とライディングプレジャーをより多くのスクーターユーザーに提供する。

 スクーターは通勤や通学といった日常での使用のみならず、休日にはツーリングを楽しむライダーが多いのが特徴となっている。そのためスクーター用タイヤの使用環境は多岐にわたり、あらゆる天候や路面状況に対応する必要がある。そうしたニーズに応えるため、同社は世界のレースで培った豊富な経験と技術に加え、これまでのタイヤ開発における多様なイノベーションを結集して開発した。

ミシュラン・シティーグリップ2

シャーク・トゥースサイプデザイン