ダンロップの新CMを放映 ブランドメッセージ表現

2020年01月27日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は1月25日から順次、全国でダンロップのブランドメッセージ「事故のない毎日をつくりたい。」のプロモーション展開の一環として、新TVCM「どんな道でも、どんな時でも。」篇の放映を開始した。ダンロップタイヤ公式サイトでは、同日0時から視聴することができる。 

 今回のTVCMには、ダンロップのイメージキャラクターを務めて12年目となる福山雅治さんと、昨年に引き続きドラえもんが登場する。どんな道でも、どんな時でも、安全安心なタイヤを通して「事故のない毎日をつくりたい。」というブランドの想いを伝えていく。

 TVCMでは、曲がりくねった峠の坂道を颯爽と走り抜けていく1台の車を見守る福山さんとドラえもん。そしてドラえもんはどこでもドアを開き、福山さんを雨の街へと案内すると、そこには雨に濡れた道でも安全に走る車が2人の前を通り過ぎていく。雨が止み、空にかかった虹を見つめながら、どんな道でも、どんな時でも、安心できるタイヤが生まれる未来がすぐそこまで近づいてきていることを福山さんとドラえもんは実感する内容になっている。

 同社は、ダンロップのブランドメッセージ「事故のない毎日をつくりたい。」に、「ダンロップがつくっているのは、タイヤです。しかし、タイヤを通していちばんつくりたいものは、交通事故のない今日、そして明日です。どんな道でも、どんな時でも、安全で安心な未来のタイヤを目指すスマートタイヤコンセプトとともに、この世界から交通事故をなくしたいと考えています。難しいことですが、あきらめたくありません。わたしたちは本気です」との思いを込めている。

 ダンロップタイヤ公式サイト:https://tyre.dunlop.co.jp/brand/ad/

関連キーワード: ·