取材メモ ファミリー層にもブランド訴求

2020年01月28日

ゴムタイムス社

 東京オートサロンのダンロップ・ブースは、ファミリー層を意識した体験型の展示となり「安全・安心な、家族のダンロップ」をコンセプトに、動かす、覗く、触る、比べる、撮れるの5つの体験コーナーが用意された。
 ブースの入口にはドラえもんが置かれ、ブースに入ると、9歳でフォーミュラカーレースデビューを果たしたJujuさんの実車が目に留まる。スタッフから「一緒に写真を撮りませんか」と声をかけられた親子連れは、レースカーとともに記念写真を撮っていた。ブース内では、3月発売の「ビューロVE304」の性能などを体感しながら理解できる工夫が随所に見られたほか、スマートタイヤコンセプトなど

全文:約486文字

関連キーワード: