日本プラ機械が賀詞交歓会 「10月のIPFに期待」

2020年01月16日

ゴムタイムス社

 日本プラスチック機械工業会は1月16日、東京千代田区のパレスホテル東京で新年賀詞交歓会を開催した。会員や関係者ら80人以上が出席した。

 開催に先だち、あいさつに立った依田穂積会長(日精樹脂工業)は19年の射出成型機の受注環境について触れ「19年の射出成形機の受注台数は、1万1121台と前年比30%減少しており、月平均では1000台を割り込むほど大幅なダウンとなった。この数字は2012年以来の7年ぶりだ。18年の需要が堅調だった時と比較して温度差が激しい」と業界が厳しい状況になっていると伝えた。

全文:約620文字