分野別に見る2020年の業界展望 外部環境は不透明感が漂う

2020年01月20日

ゴムタイムス社

 半導体需要の回復や米中通商交渉の「一時合意」など、明るい兆しが見え始める中でスタートした2020年。

 一方、内閣府が発表した19年11月の景気動向指数は4ヵ月連続の「悪化」となり、景気は依然として後退局面にある。

 中東情勢の緊迫化で、原油価格の動向も気がかりだ。

 ゴム業界の外部環境に不透明感が漂う中、合成ゴムやホース、ベルト、CMB、ゴム用機械など各分野の需要動向はどうなるのか。

 本紙の担当記者が今年の需要動向を展望した。

 

全文:約225文字