取材メモ ドイツと日本の接着技術の違い

2020年01月27日

ゴムタイムス社

 昨年12月にカワサキテクノリサーチが開催した「マルチマテリアル化と異種材料接合技術の革命」の講演で、東京工業大学の佐藤千明教授は「異種材料接合に向けた接着接合部の力学解析」のテーマで講演していた。
 その講演で、佐藤教授はドイツと日本の接着技術の違いを解説していた。
 ドイツでは、国を挙げて接着技術に取り組んでいるという。具体的には、フラウンホーファー研究機構、自動車会社、接着メーカーが協力し技術開発に取り組んでいることだ。

全文:約464文字