「研究・技術報告」を発刊 東ソー 無機材料を特集

2019年12月24日

ゴムタイムス社

 東ソーは12月20日、最新の研究開発成果を紹介する「東ソー研究・技術報告」第63巻を同日発刊したと発表した。同誌は1957年の創刊以来、同社グループの研究所、開発部、技術センター等の研究開発部門によるテクニカルレポートとして、報文、技術資料、投稿論文要旨、講演リスト、特許情報および製品紹介など多岐にわたる内容を掲載してきた。

 最新巻では、ライフサイエンスや環境・エネルギー分野で成長が目覚ましい材料に焦点をあて、総合報文3報からなる無機材料特集を組んだ。1報目は、リチウム電池用マンガン系正極材料の研究を精力的に進めている横浜国立大学の藪内直明教授が最新研究を寄稿した。2報目は、歯科材料や装飾品として成長が著しいジルコニア材料の最新技術を掲載している。3報目は、自動車排ガス等の環境浄化触媒材料として優れた特性を示す高機能ゼオライトを掲載している。合わせて、研究開発部門による報文を5編、技術資料を9編収録している。

 最新巻およびバックナンバーは、同社ホームページで閲覧できる。

 

 

関連キーワード: ·