カッティングエッジを訴求 ファルケン オートサロン出展

2019年12月23日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は12月20日、千葉県・幕張メッセで2020年1月10日から12日まで開催される「東京オートサロン2020」にファルケンブースを出展すると発表した。

 今回のブースでは「カッティングエッジ」をコンセプトに、若々しく躍動感のあるブランドイメージを訴求する。大型の透明LEDディスプレイを設置し、ファルケンブランドの契約アスリートであるスケートボード・スノーボードの平野歩夢選手、BMXフリースタイルの中村輪夢選手、スノーボードの松本遥奈選手らのエキサイティングで躍動感のある競技映像を通して、ファルケンブランドを表現する。

 また、フラッグシップタイヤ「アゼニスFK510」をはじめ、米国で人気のワイルドピークシリーズ、新商品ドレスアップバン向けホワイトレタータイヤ「W11」をショータイム紹介する。ファルケンカラーにラッピングした「ワイルドピークA/T3W」装着のラングラーと、「W11」装着のハイエースの展示も行う。

 主な展示内容は、「ファルケンタイヤ最新ラインアップ」「ジープ・ラングラー」「トヨタ・ハイエース」「チームファルケンアスリートのプレー映像およびギアの展示」となっている。

 

ファルケンブースイメージ

ファルケンブースイメージ

 

関連キーワード: ·