体験型コンテンツテーマに ダンロップ 東京オートサロン

2019年12月23日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は12月20日、千葉県・幕張メッセで2020年1月10日から12日まで開催される「東京オートサロン2020」にダンロップブースを出展すると発表した。

 今回のブースでは「安全・安心な、家族のダンロップ」をコンセプトに、ダンロップが持つ安全・安心を支える技術を5つの体験コンテンツ〈のぞく・TYRE-TRIP THEATER〉〈うごかす・GESTURE VISION〉〈くらべる・DRIVE SIMULATOR〉〈さわる・HISTORY WALL〉〈撮れる・RACING STUDIO〉を通して紹介する。子どもから大人までが楽しみながらダンロップブランドの歴史からタイヤの未来の安全・安心までを体感できるアミューズメントパークのようなブースになっている。

 さらにステージイベントでは、わずか9歳でフォーミュラカーレースデビューを果たしたレーシングドライバー・Juju(野田樹潤)さんと、その父親で元F1ドライバーの野田英樹さんによるトークショーも実施する。また〈撮れる・RACING STUDIO〉エリアにて、ダンロップタイヤを装着したJujuさんの実車の展示も行う。

  展示内容は「モータースポーツ用タイヤラインアップ」「乗用車用タイヤラインアップ」「レーシングカー『T-POINT MIKIHOUSE F4』(岡山国際サーキット/NODAレーシングアカデミー主催 UNDER17出場車両)」など。

 

ダンロップブースイメージ

ダンロップブースイメージ

 

関連キーワード: ·