ブリヂストン CES初出展 次世代ソリューション紹介

2019年12月20日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは12月19日、米国ラスベガスで20年1月7日~10日に開催される世界最大規模のエレクトロニクスの国際見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2020」に初出展すると発表した。

 同社ブースでは、これまで培ってきたタイヤに関する知見とデータを組み合わせて解析・活用し、社会課題の解決に向けたソリューションビジネスを展開することによって持続可能な社会の実現に貢献していく姿を紹介する。

 展示内容は、①次世代タイヤで拡張するモビリティ領域、②スマートタイヤテクノロジーで実現するモビリティの安全性、③ウェブフリートソリューションで進めるモビリティの効率化の3分野。

 ①次世代タイヤで拡張するモビリティ領域では、「有人与圧ローバ用タイヤ」と「各種非空気入りタイヤ」を展示する。「有人与圧ローバ用タイヤ」は、国際宇宙探査ミッションにおいて「有人与圧ローバ」が月面を走破するために当社が技術開発を進めているタイヤ(接地体)。「各種非空気入りタイヤ」は、空気充填やメンテナンスが不要となり、パンクの危険性やダウンタイムを削減できる「エアフリーコンセプト」タイヤなど、様々な用途に向けた空気を使わないタイヤ。

 ②スマートタイヤテクノロジーで実現するモビリティの安全性では、タイヤのひずみを感知することでタイヤの荷重や摩耗状況を測定できる「Smart Strain Sensor」を展示する。

 ③ウェブフリートソリューションで進めるモビリティの効率化では「ウェブフリートソリューション」を展示。テレマティクス技術・データを活用し、顧客企業の車両の生産性、安全性、コスト効率向上を実現するためのソリューションプラットフォームとなっている。

関連キーワード: ·