新CEOに石橋副会長 ブリヂストンが3月から

2019年12月13日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは12月13日、津谷正明代表執行役CEOが退任し、後任として石橋秀一代表執行役副会長をあてる人事を内定したと発表した。来年3月下旬に開催される定時株主総会後の取締役会での承認を経て、同取締役会の開催日付けで交代する予定となっている。津谷氏は退任後、代表権のない会長となる予定。
 都内で行った記者会見で、新CEOに内定した石橋副会長は、「津谷CEOの体制の中で進めてきた経営改革を継続・強化することが大きなテーマとなる。90年近い当社の歴史で築いてきた力と基盤をベースに、次のチャプターに進みたい。断トツのグローバルのソリューション会社を目指す」と抱負を述べた。また、来年の東京、22年の北京、24年のパリまで同社が五輪のトップスポンサーを務めることについては、「これを契機に企業価値を一段と高める」とし、

全文:約1273文字