国際ロボット展に出展 NOK 特殊ベルトなど紹介

2019年12月13日

ゴムタイムス社

 NOKは12月9日、東京ビッグサイトで12月18~21日に開催される2019国際ロボット展に出展すると発表した。自動車や建設機械などさまざまな分野で培ってきた高度な合成ゴム加工技術を活かし、ロボットに最適な技術・製品を紹介する。産業機械からヒューマノイドまで幅広い製品を展示し、ロボットを支える小さな部品一つひとつを紹介する。

 展示製品のうち、「歯面低μ布張りベルト」は、大手繊維メーカーと共同開発した特殊低μ布をベルトの歯面に一体成形することで、低摩擦化を実現している。高速回転、高荷重など、より負荷の高い条件下でも使用が可能となる。摺動抵抗の低減により、多軸ロボットのアーム部や、半導体搬送など幅広いニーズに対応している。低騒音・低振動により、工場内の作業環境向上にも寄与する。ブースにはデモ機も設置する予定にしている。

 このほか、「生体信号ゴム電極Sotto」を用い表面筋電位の出力量やパターンによって動作制御を行うことができる義手や、振動・電気刺激・温度の3つの触覚提示手段を世界で初めて指先サイズまで小型化・一体化し手袋の指先部分への搭載に成功した「3原触モジュール」も展示する。

ブースのイメージ

関連キーワード: ·