週刊ゴム株ランキング 住友理工、4週間ぶりの千円台に(12/2~6)

2019年12月11日

ゴムタイムス社

 12月2~6日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で20社が上昇、1社が横ばい、10社が下落した。12月6日のゴム平均は、前週末比15円87銭高の1815円13銭と続伸した。

 株価上昇率ランキングでは、1位が住友理工で同5・32%高、2位が藤倉コンポジットの同5・31%高、3位が相模ゴム工業の同5・13%高となった。

 主なゴム企業の株価を見ると、タイヤ4社ではブリヂストンが同38円安の4337円と続落、住友ゴム工業が同13円高の1404円と続伸、横浜ゴムが同7円高の2262円と反発、TOYO TIREが同22円高の1598円と続伸した。

 自動車用ゴムでは、住友理工が同53円高の1050円と続伸した。同社の20年3月期中

全文:約564文字