ブルーアース・バンRY55 横浜ゴム、初バン専用タイヤ発売

2019年12月06日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは12月5日、低燃費タイヤブランド「ブルーアース」初のバン専用タイヤ「ブルーアース・バンRY55」を2020年1月より国内で順次発売すると発表した。発売サイズは215/70R15 107/105N~145/80R12 80/78Nの24サイズで、価格はオープンプライス。

 「ブルーアース・バンRY55」はバン専用タイヤに最も求められる耐摩耗性能の向上に主眼を置きながら、優れたウェット性能の実現を目指した。トレッドには新開発の専用パターン「エクストラパワフルパターン」を採用し、ショルダー部には深溝とサイプを交互配置した「アグレッシブショルダー」を搭載したことで、耐摩耗性能と耐偏摩耗性能を向上させている。さらに、コンパウンドに強度を高めるトリプルポリマーを配合するとともに、接地形状を最適化する専用プロファイルを開発し、偏摩耗を抑制している。そのほか「トライアングルブロック」および「ワイドセンターグルーブ」が高い剛性や排水性に寄与する。これにより「ブルーアース・バンRY55」は従来品「ジョブRY52」に比べ、耐摩耗性能を20%、ウェット制動性能を6%向上した。

 「ブルーアース」シリーズは「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランド。商用車向けでは「ブルーアース・バンRY55」のほかに小型トラック用リブタイヤ「ブルーアースLT152R」を販売している。

 

ブルーアース・バンRY55

ブルーアース・バンRY55