年頭所感 日本グローブ工業会 望戸清彦理事長

2020年01月01日

ゴムタイムス社

 新年あけましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 平素より格別のご厚情をいただき誠にありがとうございます。

 日本グローブ工業会では「常に安全・安心に使っていただける手袋」の供給をモットーに安全衛生マーク(SGマーク)や作業用手袋認定マークの皆様へのご理解と医療用手袋の二重装着やラテックスフリー化を推進してまいりました。

 皆様の信頼と衛生への関心も深まり会員各社の販売実績は概ね順調に推移して新しい年を迎えることができました。

 一方で業界を取り巻く環境は厳しく慢性的な労働力不足や人件費の高騰、物流費の増加、アウトサイダーによる廉価品や粗悪な模倣品の販売などが利益を圧迫する要因となっています。

 令和の時代を迎え会員一同も気持ちを新たに家庭用手袋・作業用手袋・医療用手袋における国内唯一の工業会として製品品質の向上と使いやすさの追求をテーマに安定した製品供給、会員各社の連携強化や各種規格の制定と見直し、そしてタイムリーでお役にたつ情報の発信を続けてまいります。

 今年は2020東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。国内設備投資の回復や個人消費の拡大など一層の内需拡大も期待され経済活動の水準は潜在生産量を上回って推移することが予想されます。

 今年もお客様のご要望にお応えする真心込めた確かな品質をお届けしてまいります。

 これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 今年が皆様に取りまして明るく希望に満ちた充実した一年となりますことをご祈念申し上げ年頭にあたってのご挨拶とさせていただきます。

関連キーワード: ·