ゴムタイムス70周年の画像

再生カー黒の使用を拡大へ ブリヂストンが米で商用化

2019年11月21日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは11月21日、米国子会社であるブリヂストン・アメリカス・インク(BSAM)が、タイヤの原材料の一つであるカーボンブラックを、廃タイヤを熱分解して回収した再生カーボンブラック(RCB)で代替して、これを用いたタイヤを商用化し米国市場で販売していると発表した。今後もRCBの使用を拡大し、2020年までに乗用車用の廃タイヤ約200万本分に相当する約6800tのRCBを使用する計画としている。これにより、新品のカーボンブラックを使用した場合に比べて約1万900tのCO2排出量の削減に貢献する。

 RCBとは、廃タイヤの熱分解により製造されるリサイクルカーボンブラックのことで、米国で販売中の一部のタイヤには、BSAMと提携関係にあるデルタ・エナジー・グループ・エルエルシー社製のRCBが使用されている。このRCBは、新品のカーボンブラックと同等の性能を有しながら、新品対比で製造時のCO2排出量を約81%削減することができる。