ゴムタイムス70周年の画像

取材メモ 会社運営とサッカーの共通点

2019年11月22日

ゴムタイムス社

 先月、都内で開かれたフォルボ・ジークリング・ジャパン設立50周年の感謝の会で挨拶に立った同社佐藤守社長は、10歳から始め、中学、高校、大学、社会人、そして社長業の傍ら今もクラブチームで打ち込んでいるサッカーを引き合いに、ミスが起きた際の初動の重要性を語った。

 佐藤社長が所属するクラブチームは、様々なバックグラウンドを持った人たちの集まりで、スキルや体力もそれぞれ異なるが、ひとたび試合が始まると、いい大人が勝ち負けにこだわり、ミスすると怒号が飛び、チームの雰囲気も

全文:約487文字