ニッタ 物流・食品向け搬送ベルトは順調 つなぐ営業で需要の掘り起こし目指す

2019年11月11日

ゴムタイムス社

 ニッタ(大阪市浪速区、新田元庸社長)の19年度上半期(4~9月)ベルト部門は、業界や製品でまだら模様な状況にあるものの、業績は好調だった前年同期並みを維持した。

 搬送用ベルトは、Eコマース市場の拡大を背景に、都市部近郊で配送センターの増設・新設が相次ぎ、製品では物流業界向けカーブコンベヤ「FC1」が好調に動いている。また、搬送用ベルトは三品業界(食品、化粧品、医薬品)の動きがよく、食品業界向けは食の安全・安心志向の高まりや、人手不足などを理由に、製造ラインの省人化・自動化が広がり、食品機械に組み込まれるベルトが堅調に推移した。他の食品業界向け搬送ベルトも様々なアプリケーションに採用され、順調な販売ができている。

ブロイラー解体ラインベルト 

ブロイラー解体ラインベルト

 製品では、新製品で食肉搬送用の「ブロイラー解体ラインベルト(SWEXU-16B-G)」は順調に販売が広がっている。素材に耐湿熱、抗菌、防カビ、耐鶏油性、ポリウレタンを使う同ベルトは、従来のPVC製ベルトに比べて食品の安全性向上が図れるほか、耐屈

全文:約1097文字

ニッタ 物流・食品向け搬送ベルトは順調 つなぐ営業で需要の掘り起こし目指す

キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー