ゴムタイムス70周年の画像

チャリティー演奏会を開催 住友理工 今回で20回目

2019年10月31日

ゴムタイムス社

 住友理工は10月30日、「第20回住友理工チャリティーコンサート」を愛知県の小牧市市民会館で10月26日に開催したと発表した。

 このコンサートは、同社の社会貢献活動における町づくりへの貢献活動の一環として、周辺の地域住民へ感謝の思いを込めて開催しているイベントとなる。2000年に創業70周年を記念して開始し、今回で20回目を迎えた。

 同社が支援をしている中部フィルハーモニー交響楽団と、世界的に高い評価を受けている秋山和慶氏(中部フィルハーモニー交響楽団芸術監督・首席指揮者)が指揮をとり、「深遠なるドイツ音楽の世界」と題して、第1部では、ベートーべンのコリオラン序曲のほか、小牧市出身の前田陽一朗氏をピアニストに迎えベートーベンのピアノ協奏曲第4番を披露した。続く第2部では、ワーグナーの歌劇、さまよえるオランダ人序曲などを演奏した。

 1000人を超える来場者からは「素敵な演奏を聴いて、とても良い時間を過ごすことができた」など、多くの感謝と喜びの声が聞かれた。

 また、会場でチャリティーとして募金された約50万円は、「住友理工あったか基金」の一部と合わせて、宮城県南三陸町における東日本大震災の被災者支援の継続と、台風15号、19号の被災者支援に役立てる。

コンサートの様子

コンサートの様子

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー