三ツ星ベルト 非粘着系ベルトで水平展開 プレミアムシールの適用品種を拡大

2019年11月11日

ゴムタイムス社

 三ツ星ベルト(兵庫県長田区、垣内一社長)の19年度上半期(4~9月)搬送ベルト事業は、樹脂搬送ベルトは好調に推移した前年度並みを維持し、ゴム搬送ベルトも前年実績を上回っている。

 樹脂搬送ベルトでは、物流分野はECサイト向けの案件が順調に動いている。空港向けも安定し、物流用搬送ベルト「ロジスターシリーズ」を始め、同シリーズの「高性能傾斜ベルト」も販売は堅調に推移している。

 食品分野では、同社の食品搬送用ベルト「ママラインシリーズ」が使われる製菓や製パン、米飯、鶏肉などは順調で、補修向けも堅調な動きを見せた。その他では、農業関連については今期止まっている物件が今後動き出すと見られ、来期は販売増に期待している。

 ママラインシリーズでは、ポリウレタンベルトの表面にフッ素樹脂をコーティングした「フッ素コーティングベルト」、ベルト表面に新素材のハイブリッドシリコーンを用いた「ハイブリッドシリコーンベルト」など、パンや菓子生地など粘着物の搬送に適した非粘着系ベルトの拡販に注力している。

 同社の非粘着系ベルトはユーザーの要求により、離型性や耐熱性、グリップ力に優れた製品を揃えている。最近はこれら性能に加え、清掃のしやす

全文:約1064文字

三ツ星ベルト 非粘着系ベルトで水平展開 プレミアムシールの適用品種を拡大

キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー