ゴムタイムス70周年の画像

JRMが静岡で例会開く 相続税テーマで講演会

2019年10月11日

ゴムタイムス社

 日本ゴム機械懇話会(JRM、髙木康彦会長)は10月9日、第44回JRM例会を静岡のエクシブ浜名湖で開催した。
 会員や報道関係者ら27人が出席しJRM会員の近況報告が行われたほか、兵頭文男税理士事務所の兵頭文男氏を招き「改正相続税全般について」などのテーマで講演がなされた。
 冒頭のあいさつで、髙木会長は「19年に入ってから製造業のなかでは4~6月が減収減益の企業が増えており、7~9月になってもなかなか回復傾向が見えてこない状況になっている。会員の皆様の中にはユーザーが自動車をはじめ工業用品、半導体、OA、医療などを扱っているので忌憚なく情報交換を行って欲しい。意見交換をしながら少しでも実りのある会にしていきたい」と要望した。
 会員の近況報告では、各会員から国内の状況に関しては、3月期決算の売上高は増収している会員企業が多かったものの、各会員によっては通期の見通しは受注環境により不透明感が強ま

全文:約1018文字

関連キーワード: ·