デンカ ドライのタイト感緩和へ 青海の能増、年内に完工

2019年11月05日

ゴムタイムス社

 クロロプレンゴム(CR)の世界のトップメーカーであるデンカ(東京都中央区、山本学社長)。新潟県の青海工場(年産10万t)と米国DPE社(推定5万t)の2拠点体制で製造する同社のCR「デンカクロロプレン」は、その8割以上が輸出向けとなるが、19年度の上半期はアジアを中心に需要の停滞が見られ、売上が前年を下回った。中国では、日系の顧客は堅調なものの、現地企業の工業用品用途で需要が弱まり、景気減退に伴う買い控えの傾向がタイや台湾などの周辺国にも波及した。需要が安定している日本にも影響が多少及んでいる。

 また、インドではインド国内の自動車生産の減少を受け、自動車向けの需要が減速している。アジア以外では、欧州は需要が底堅く推移している。米国は概ね堅調だが、一部で貿易摩擦の影響が見え始め、中国への農産物の輸出が激減したことでコンバインやトラクターなど農業機械向けの需要に陰りが見られる。

 こうした中、先に公表した青海

全文:約1064文字

デンカ ドライのタイト感緩和へ 青海の能増、年内に完工

キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー