東拓工業 工業用で新製品2品を上市予定 電設資材は今期も堅調に推移

2019年09月30日

ゴムタイムス社

 東拓工業(大阪市西区、豊田耕三社長)の19年度4~8月の売上は前年同期比で若干減収となった。

 分野別に見ると、土木資材は前年同期を下回る状況。昨年に比べて、メガソーラー(大規模太陽光発電)等の土木用で使われるパイプの落ち込みなどが影響した。

 工業用ホースは、半導体製造装置関連メーカー向けの需要が落ち込み、IT産業向けホースは減少した。

 一方、電設資材は前年度からの好調な流れが今年度序盤も継続し、メガソーラーや風力発電など再生エネルギー関連を始め、道路・トンネル工事向けも伸長した。また、同社が期待を寄せる無電柱化工事について、豊田社長は「参入企業が相次ぎ、競争は激しいが、当社は角型多条敷設管(角型難燃FEP)『角型TACレックス』で長年積み上げてきた実績を強みにしていく」と述べ、引き続き営業活動を強めていく方針だ。

 製品戦略では、既存製品の拡販活動と並行

全文:約1050文字

東拓工業 工業用で新製品2品を上市予定 電設資材は今期も堅調に推移

キーワード: ·