プラス・テク 新製品開発を積極推進 食品用「テクノフーズ」発売

2019年09月30日

ゴムタイムス社

 プラス・テク(茨城県阿見町、峰重克己社長)は、プラスチック原料を製造販売するコンパウンド事業と、プラスチックホースや止水板などを手がける成形品事業を展開している。

 成形品事業の需要動向(19年4~8月)を見ると、汎用品のホースは、昨年末あたりから徐々に動きがやや鈍くなっているものの、産業機械用や自動車用など幅広い業界で使われる特注品のホースは引き続き堅調な動きを見せている。

 製品展開では、社会の変化とともにホースに要求されるニーズも変わる中、同社では従来品に比べ、より機能性に富んだ製品開発に注力しながら、製品構成の入れ替えを進めている。

 例えば、汎用品で主力の耐圧ホース「テクノブレード」では、17年8月に「耐油テクノブレード」を発売したのに続き、19年6月には「テクノフーズ」を発売した。

 耐油テクノブレードは、特殊樹脂の使

全文:約962文字

プラス・テク 新製品開発を積極推進 食品用「テクノフーズ」発売

キーワード: ·