ゴムタイムス70周年の画像

特殊ペプチドを共同研究へ JSRとペプチドリーム

2019年09月24日

ゴムタイムス社


 JSRは9月20日、同社とペプチドリームが、抗体医薬品などのバイオ医薬品の精製過程で行われるアフィニティクロマトグラフィーに適用可能な特殊ペプチドの共同研究を開始することに合意したと発表した。

 アフィニティクロマトグラフィーとは、クロマトグラフィー担体に固定された特異的なリガンドと目的のタンパク質との可逆的な吸着反応を利用して分離・精製する技術。その特異的なリガンドとして現在は組換えプロテインA、G、Lなどが使われている。

 今後、ペプチドリームが有する創薬開発プラットフォームシステム(PDPS)を用いて、種々の目的タンパク質に可逆的・特異的に吸着しアフィニティクロマトグラフィーに適用可能な特殊ペプチドの 探索を行い、同社が有するアフィニティクロマトグラフィーに関する様々な知見や豊富な実験データを組み合わせ、両社で 新たなアフィニティクロマトグラフィー担体の開発を目指す。

 医療現場で広く使われている抗体医薬品などのバイオ医薬品製造は、主に、CHO細胞などを培養し目的とするタンパク質を作る工程と、その産生細胞を除去し多くの不純物が含まれる中から目的タンパク質を精製する工程とに分類される。この精製に用いられるクロマトグラフィーは、プロテインAなどのタンパク質リガンドを使うアフィニティクロマトグラフィーをはじめとして、イオン交換クロマトグラフィー、その他種々のクロマトグラフィーが目的に応じて使用されている。特殊ペプチドおよび新たなクロマトグラフィー担体の開発・商品化により、バイオ医薬品精製プロセスの簡便化・低コスト化を目指していく。具体的には、①化学合成特殊ペプチドは従来のタンパク質リガンドと比べ、均一な品質のリガンドをより安定的に大量製造できる等の特徴を活かして、バイオ医薬品精製プロセスの簡便化・低コスト化に貢献する、②物理的に小さい特殊ペプチドをリガンドとすることで、精製効率そのものを向上させる、③これまでアフィニティクロマトグラフィーでは精製が難しかったバイオ医薬品の精製が実現できる等を目指すことにしている。