タイガースポリマー 放熱や耐熱分野の製品開発に力 ユーザーへの提案力強化図る

2019年10月07日

ゴムタイムス社

 タイガースポリマー(大阪府豊中市、渡辺健太郎社長)のゴムシート製品は、汎用シートや特殊シートを始め、「導電性ゴムシート」「耐電性ゴムシート」「耐摩耗ゴムシート」など、ユーザーのさまざまな用途・機能に対応可能なラインナップを揃えている。

豊富なシート製品群

豊富なシート製品群

 足元(19年4月~8月)のゴムシート需要動向をみると、昨年末以降、半導体関連を中心に設備投資を控える動きが広がり、前年を若干下回る状況で推移している。

 品種別では、合成ゴムシートなどの汎用品は、前年同期に比べて若干のマイナス傾向にある。国内の自動車生産台数がやや下降気味で、自動車関連で使われる用途はやや厳しくなっている。

 一方、シリコーンゴムやフッ素ゴムの特殊品は、半導体関連向けが厳しく、販売は停滞しているが、「特殊品はここ数年良すぎた部分があり、現在は例年並みの需要に戻ったのではないか」(同社)とみている。

 また、特殊品に関しては、「秋

全文:約1045文字

タイガースポリマー 放熱や耐熱分野の製品開発に力 ユーザーへの提案力強化図る

キーワード: ·