モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン 中国需要増で増収増益 5月に買収手続き完了  自己接着性の新グレードに注力

2019年07月22日

ゴムタイムス社

 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン(東京都港区)は、米国に本社を置きグローバルにシリコーン事業を展開する、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの日本拠点。

 昨年9月に米モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズが韓国のKCC、SJLパートナーズ、ウォンイクの3社に買収されることが発表され、今年5月中旬に買収手続きが完了した。

 同社製品の需要動向としては、一昨年の夏から昨年末にかけて、中国と東南アジアを中心に、極めて需要が強い状況が続いた。 分野別に見ると、どの分野も全般的に需要が強まるなか、自動車関連と電気電子関連が特に好調だった。

 材料別では、「汎用のシリコーンゴムの需要が特に強かった」(同社)という動向のなか、ミラブル(加熱硬化型)シリコーンゴムが日本国内を中心に好調に推移するとともに、液状シリコーンゴム(LSR)も海外を中心に堅調だった。

 こうした状況を受け、2018年の同社のシリコーンゴム事業は増収増

全文:約981文字

モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン 中国需要増で増収増益 5月に買収手続き完了  自己接着性の新グレードに注力

キーワード: ·