ゴムタイムス70周年の画像

取材メモ レグノのラックスブラック技術

2019年04月08日

ゴムタイムス社
鮮やかなレグノのタイヤロゴ

鮮やかなレグノのタイヤロゴ

 先日開催されたブリヂストンの最上位ブランドタイヤである「レグノGRーXⅡ」の体感試乗会で、タイヤサイド部の加工技術であるLUXBLACK(ラックスブラック)を実際に確認する機会を得た。

 ラックスブラックは、最先端の微細加工技術により、鮮やかな黒のコントラストを実現する加工技術。

 PSタイヤ開発第3部 PSタイヤ設計第1ユニットリーダーの杉本香居氏は「サイドのデザインにも拘りを持ってタイヤ開発をすすめた」とし、搭載技術について「ラックスブラックの加工部分を拡大すると、アスタリスクのようなマークの形状が細かく加工されている。この加工された凹凸部の中で、光が反射を繰り返すため、その光が吸収され、常に黒く表現される」と説明した。

 実際に見たところ、新品タイヤということで、十分に

 

関連キーワード: