ゴムタイムス70周年の画像

JSR LIB新技術開発 高容量・安全性向上実現  

2018年12月18日

ゴムタイムス社

 JSRは12月17日、リチウムイオン電池(LIB)の高容量化や安全性向上等を実現するロールtoロール方式の連続リチウムプレドープ技術を開発し、1月27日~31日にかけてフランスのストラスブールで開催されるAABCヨーロッパで発表する。

 LIBでは、電池内部でリチウムイオンが電解液を介して正極と負極間を行き来することで充放電が行われる。電池容量や出力に優れるシリコン系やハードカーボン系などの負極材のニーズは高いものの、これらの負極材では初回充放電時の副反応で一部のリチウムイオンを消費してしまうため、電池本来の充放電容量を最大限発揮できないことが課題とされていた。同社のプレドープ技術は、初回充電時のリチウムイオン消費分をあらかじめ負極材に添加させることで、上記の課題を解決し、電池を高容量化することができる。たとえば、シリコン系負極材に本技術を適用すると、電池の容量を従来対比で20%から40%程度向上させることができる。また、正極材を過剰に使用しなくて済むためLIBの安全性も向上する他、負極の劣化が抑制されるためLIBの寿命が延びるなど、同技術はLIBの技術水準を底上げする。

 同社では、長年にわたりリチウムプレドープ技術の研究開発を行っており、連結子会社であるJMエナジーではプレドープ技術を使用した蓄電デバイスであるリチウムイオンキャパシタの量産実績もある。その知見を活かし、今回ロールtoロール方式のプレドープ技術の開発に至った。ロールtoロール方式はLIB製造工程で通常採用されている方式のため、LIBメーカーは材料や製造工程を大きく変更することなく、技術の導入が可能となる。

 近年、省エネルギー化・低炭素社会の実現に向けて、LIBを中心とした蓄電デバイスの重要性が高まっており、更なる高容量化・高出力化・安全性向上等が求められている。同社は今後も更に検討を進め、LIBを始めとする各種蓄電デバイスの付加価値向上に最適なソリューションを提供し、同分野の発展に貢献していくとしている。

関連キーワード: ·