ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン 「私たちのくらし展」「こどもエコ絵画コンクール展」を同時開催 

2018年06月29日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは6月28日、企業博物館「ブリヂストンTODAY」(東京都小平市)で「ブリヂストンと私たちのくらし展」と「第15回ブリヂストン こどもエコ絵画コンクール展」を6月30日から9月29日まで開催すると発表した。

 「ブリヂストンと私たちのくらし展」は、2017年3月に始動したグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の考え方に基づく同社グループの想いや活動を紹介するもので、「人々やモノの移動(モビリティ)」を支える取り組み、「人々の安全なくらしや学び」を支える取り組み、「環境」を支える取り組みという3つのゾーンの展示を通して同社グループの活動の多様性を伝える内容となっている。

 展示では、地震による建物の損傷を防ぐ免震ゴムや、空気の要らないエアフリーコンセプトタイヤを用いた自転車も紹介する予定。

 また「ブリヂストン こどもエコ絵画コンクール展」は、同社グループが毎年開催している、未来を担う子どもたちに環境・自然をテーマに絵を描いてもらうコンクールの入賞作品を展示するもので、15回目を迎える今年は「ずっと みていたい しぜん」をテーマに描かれた応募総数5万5995点の作品の中から選ばれた100点の入賞作品を展示する。

 会場では、8月17日と18日には小学生を対象とした免震ゴムを学べる体験イベント「地震からみんなを守る免震ゴムのひみつ」も開催する。

 同社グループは、未来に向けて楽しみながら環境意識の醸成につながる活動に今後も取り組むことにしている。

 

展示イメージ

展示イメージ