CMB特集 角一ゴム工業 小回りの利くサービスを強化

2018年03月23日

ゴムタイムス社

 

 天然ゴムや合成ゴムの老舗CMBメーカーの角一ゴム工業(神戸市西区、畑中康平社長)は長年蓄積された高いゴム精練技術と実績を持っている。

 同社では、NR、SBR、CR、ACMをメインにEPDM、NBR、BRなどを扱い、生産設備としては3系列で3号・6号・9号バンバリーミキサー、アンダーバンバリーは、22インチロール1台、24インチロール2台と充実した生産体勢を備えている。

 18年2月期について、自動車関連などの需要が伸びた結果、生産量が前年比二桁増となり、畑中社長は「国内の景気回復により、前期は上半期と下半期とも動きが良かった。品目別ではEPやACMが前年よりも伸びた」と振り返る。

 同社の受注分野は自動車関連が多く、そのほか電線やロール、土木建築関連などとなっており、いずれの分野も前期は伸長した。その結果、業績は増収増益となった。

 足元の動向では、前期の堅調さが続き、順調に推移しているという。

 今後の課題について、畑中社長は社長就任以来、「継続的な成長」「安全第一」「技術の向上」の3つの事業戦略を柱に取り組んできた。

 継続的な成長については

全文:約1102文字

CMB特集 角一ゴム工業 小回りの利くサービスを強化

キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー