バンドー化学 結合型細幅Vベルト「パワーエース・アラミドコンボ」を新開発

2016年11月24日

ゴムタイムス社

 バンドー化学は11月22日、国内初となる高弾性アラミド心線を採用した結合型細幅Vベルト「パワーエース・アラミドコンボ」を開発し、12月1日から販売を開始すると発表した。

 パワーエース・アラミドコンボは高弾性アラミド心線を採用し、寸法安定性や耐衝撃性を向上させており、耐熱性や導電性にも優れている。石油やガス、砕石、林業などの幅広い分野で販売拡大を図る。 

 同社は、1971年3月にVベルトの上位グレードとして細幅Vベルト「パワーエース」、結合型の「パワースクラム」を販売して以来、さまざまな産業機械に幅広く採用されている。

 近年、産業機械の大型化・高負荷化・コンパクト化に伴い、より寿命が長く、より高強度な伝動ベルトが求められるようになってきたことから、パワースクラムに改良を加え、新製品を開発した。