ゴムタイムス70周年の画像

生産は2年連続の増加 18年のゴム板生産・出荷

2019年02月04日

ゴムタイムス社

 日本ゴム工業会・ゴム板部会がまとめた1~12月のゴム板の生産・出荷実績によると、合計生産量は2万140tで前年同期比1・9%増、出荷量は2万240tで同4・3%増となった。

 ゴム板は、自動車を始め半導体関連、土木関連など幅広い産業分野に使われるため、「景気のバロメーター」と言われ、景気が良いとゴム板の生産量・出荷量も増える傾向にある。その中で、18年の国内経済はおおむね良好に推移し、18年のゴム板の生産量は2年連続、出荷量は3年連続で前年実績を上回った。

 生産の内訳はプレス製品が1万9913tで同2・4%増、その他が227tで同29・6%減。出荷の内訳はプレス製品が1万9960tで同4・4%増、その他280tで同4・0%減。
 ゴム板生産の推移を四半期ごとに見ると、1~3月の生産量は4923tで同1・2%増、出荷量は5002tで同0・1%増

本文:約604文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·

ゴム薬品活用ハンドブックバナー